ブラックバス問題を解説!釣り人に愛される最悪の外来種の生態とバス業界の闇に迫る!

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

このブログでは、サメの生態以外にも、生き物や環境に興味のある方なら知っておくべき環境イシューの解説もしてきましたが、その中でも反響が大きい外来種問題を再度取り上げたいと思います。

以前、侵略的外来種として猫を紹介したのですが、今回はもっと外来種のイメージが強い生物、ブラックバスを取り上げます。

外来魚の代名詞とも言うべき魚でありながら、未だに「バサー」と呼ばれる釣り愛好家に人気のこの動物は、果たしてどんな生き物で、何が問題なのか?

今回は議論の絶えない侵略的外来種、ブラックバスの問題を紹介していきます!

ブラックバスとはどんな魚?

ブラックバスとはどんな魚なのか。バス問題に触れる前におさらいをしておきましょう。

そもそもブラックバスというのは総称であり、一つの種を指す名前ではありません。

ブラックバスはスズキ目サンフィッシュ科に分類される淡水魚のうち、オオクチバスをはじめとする複数の魚を表します。このうち日本で問題になっているのはオオクチバス、コクチバスなどになります。

これらの魚は北米原産で、本来は日本にいない魚ですが、赤星鉄馬という実業家によって1925年に食用として神奈川県の芦ノ湖に放流されました。

その後、食用魚として定着することはなかったですが、ルアーフィッシングの対象として大人気の魚になり、1970年ごろから急速に分布域が広がっていきます。

最初に移入されたのはオオクチバスだけで、当初は限られた都道府県の一部の水系に放流されていましたが、90年代ごろにはフロリダバスやコクチバスまで確認され、今や全国の淡水域にまでブラックバスは拡大してしまいました。

バス自体の問題点

僕が外来種問題の解説をする際に毎回言っているのが「外来種だから悪者扱いするのではない」ということです。ブラックバスがここまで問題になっているのは、侵略的外来種としてそれ相応の悪影響があるからです。

ブラックバスの一番の問題点は在来種の捕食です。食欲旺盛な彼らは小魚、甲殻類、カエル、イモリ、昆虫など、口に入るあらゆる生物を襲うので、放たれた環境の様々な在来種が犠牲になります。

現に、モロコやモツゴの仲間、ワカサギなどが激減してしまった事例が数多く報告されています。さらに、琵琶湖では、ブラックバス移入後の調査によって生存が確認できなかった、つまりその場所では絶滅してしまったと思しき魚もいます。こうした影響は、内水面漁業、つまり川や湖で行われる漁業活動にも損害をもたらしています。

カワバタモロコ。バスだけが原因ではないが、こうした淡水魚がバスに捕食されて危機に瀕している。

もちろんこうした絶滅には人間が行った開発や他の外来種も影響することがあるので、ブラックバスが全ての原因ということはできません。

しかし、ブラックバスの移入以外の変化が見られない溜め池でモツゴの仲間が急速に消えてしまったり、在来種の数が激減した場所でもブラックバスが侵入していない水域に限って生き残っていることがあります。

もちろん胃の内容物調査でも、ブラックバスが大量の在来種を捕食していることが確認されています。ブラックバスがかなり大きな影響力を持つことは否定できません。

しかも、ブラックバスは1000〜10万以上の卵を産み、親が巣を作ってその卵を守るという習性があります。おまけに30〜60cmと、日本に住む淡水魚の中では大型になるので、成魚になればほとんど天敵はいません。つまり、一度繁殖してしまうと、とんでもない数に増えてしまう危険があるんです。というより、すでに日本でとんでもない数に増えてしまっています。

バスにより失われるもの

日本の淡水魚について「すごく珍しくて貴重だ」というイメージを持つ人は恐らく多くないと思います。

しかし、生物というのはそれぞれの環境で、他の生物と関わり合いながら、長い歴史をかけて進化し、その地域の人々もそうした生き物と様々な形でかかわって文化を発展させてきました。直接僕たちがかかわりを感じていなくてもこうした生物たちは僕たちの社会を支えていますし、多様な生物の研究が人類に大きな発展や進歩をもたらすことがあります。

失われたら二度と戻ってこない生物多様性の一部という点では、日本の淡水生物も熱帯雨林の希少生物と全く同じように価値があるものですし、日本の田園風景や川魚料理などの文化は、そうした生物多様性無くしては語れません。

ブラックバスのような侵略的外来種は、そうした生物学的・文化的に守るべきものを破壊してしまう威力を持っているんです。

日本の生態系に悪影響をもたらす外来種のブラックバスは、特定外来生物に指定されています。つまり、許可のない生きたままの運搬、売買、飼育などが禁止されていて、違反すれば刑事罰の対象になります。さらに、ブラックバスについては、外来生物法とは別に、釣りあげたブラックバスのリリースを禁止する条例やルールが定められていることがあります。

ブラックバス自体に罪はないですし、彼らがカッコいい魚というのもまた事実ですが、日本の自然環境にいてはいけない魚です。日本の生態系を守るために、彼らを駆除しなければなりません。

 

バス擁護派の問題

こうしたブラックバス自体が引き起こす問題も厄介ですが、さらに事態をややこしくするのが、ブラックバスを擁護して、対策を妨害する人々です。

ブラックバスはルアーフィッシングで非常に人気な魚であるため、バス釣りを楽しみたいバサーと呼ばれる人たち、そして彼らにモノやサービスを売って儲けたい企業・団体がブラックバスの駆除や規制に対して猛烈に反発してくることがあります。

匿名の一個人がTwitterで揶揄するくらいであれば、どんな環境問題でもよく起こるのですが、バス問題に関しては実名と顔を晒している界隈の有名人、釣り業界企業の公式アカウントが堂々と反対意見を述べています。

さらに、釣り関連の財団法人が、ブラックバスのリリース禁止措置に反対の意見書を出す、バスの釣り場を規制されないよう署名活動が行われるなど、組織的に抵抗してくることがあります。ブラックバスが特定外来生物に指定される際も、他の外来種に比べて、指定に対する反対意見が数多く寄せられました。

特定外来生物等の選定に係る意見の募集の結果↓

後でも述べる通り、ブラックバス擁護論のほとんどが論点のすり替え、事実の捻じ曲げ、単なる感情論、生態系保全の軽視などからくる、非常にお粗末なものばかりです。そして、バサーの中にはブラックバス問題についてきちんと考えてくれている人もいるので、一括りにすべきではないかもしれません。

しかし、それなりの人数と金を持って対抗してくるので、バス業界が厄介であることは間違いないです。

しかも、組織に属していなくても、バス擁護派は妙に連帯感を持っているように感じます。

この記事は僕がYouTubeにアップした動画内容をもとに書いているのですが、動画コメント欄にはバス擁護派からの数々の批判が寄せられました。ごく一部を除き、間違い・屁理屈・単なる侮辱のオンパレードで反論に値もしないものがほとんどでしたが、「後半の動画を待ってからコメントした方が良い」や「こんな奴にも一生懸命反論している学生がいるのを知って欲しいです」、「バサーの皆さんへ、相手にしないが一番です」など、他のバス擁護派に呼び掛けるようなコメントを時々見かけました。

主張の根拠が脆弱なのを知っているから集団で群がって立場を守ろうとしているのか、元から結束力が強いのかは分かりませんが、彼らにはバスを通じて、あるいはバス擁護論を通じて作られる仲間意識みたいなものがあるのかもしれません。

さらに、反対意見を言うだけならともかく、明らかな妨害活動をしてくることがあります。それが、密放流と呼ばれる行為です。

バスが釣れる環境を戻したい、あるいは保全活動に嫌がらせをしたいという理由でブラックバスを違法に放流するとんでもない連中がいるんです。

つい最近話題になった事例があります。

今年2021年6月、宮城県伊豆沼・内沼(いずぬま・うちぬま)付近の溜め池で確認されたブラックバスについて、ニュースが報じられました。

詳細は実際の記事を見ていただきたいですが、この場所というのが一度ブラックバスを駆除していて、絶滅危惧種であるゼニタナゴの復活も確認された池でした。にもかかわらず、2019年に存在を確認できなかったブラックバスが、2020年に約7000尾もいることが確認されました。

 

駆除方法や増え方からして先の駆除で取り残した個体が繁殖したという可能性は低く、当然ブラックバスは陸を移動できません。乾燥や消化液などに特別耐性を持つ訳でもない彼らの卵が水鳥などに運ばれたということも考えづらく、人為的に持ち込まれた可能性が高いわけです。

「密放流」という特殊な行為を指すような言葉ができてしまっていますが、特定外来生物は、放流はおろか生きたままの運搬自体が禁止なので、ただの犯罪です。バス釣りを楽しみたい、儲けたいという欲望を満たすために法を犯す、環境破壊的、反社会的な頭の悪い犯罪者です。

この他にも、ブラックバス放流禁止と書かれた看板を持ち去ったり、リリース禁止の場所で釣ったバスをリリースするなど、やってることはダッサいチンピラレベルですが、実際に放流によって保全の努力がぶち壊すにされる危険があるので、ことは深刻です。

侵略的外来種が日本中に広まって在来種を捕食しているというだけでなく、ブラックバスがいることで恩恵を受ける業界が存在し、駆除や規制に反対し犯罪行為まで行っている。これがブラックバス問題です。

 

犯罪だからダメなのか?

ブラックバスの放流が違法だという話をしましたが、ここで重要なのは、犯罪だからダメということだけを強調し過ぎない方がいいということです。

なぜなら、犯罪であろうが無かろうが、侵略的外来種を野に放つというのは絶対にやってはいけないことだからです。

例えば、アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメ、いわゆるミドリガメは特定外来生物ではなく、これらの外来種を放流する行為は、ブラックバスと同じようには裁けません。また、猫を外に放置するような飼育方法も、現状法的に許されています。

ブラックバスと同じく侵略的外来種の代表格アメリカザリガニ

しかし、これらの生物は法律上の扱いがブラックバスと異なるというだけで、生態系に重大な影響をもたらす侵略的外来種です。日本に生息する貴重な固有種が深刻な被害を受けています。

少しキツイ例えですが、ブラックバスの放流を人殺しに例えるなら、ミドリガメの放流や猫の外飼育はイジメによって自殺に追い込む行為です。後者を殺人罪で起訴することは難しいかもしれませんが、実質やっていることの悪質さは同等です。違法行為が絡んでいようがいまいが、侵略的外来種を野放しにしないと成り立たない趣味や産業がそのままであっていいはずがありません。

確かに日本は遵法意識が高いというか、ルールから逸脱した人をとにかく批判する風潮があるので、犯罪であることを強調すればバスの放流が悪いことだと理解されやすいです。また、バス業界は反社会的行為の上に成り立っているというイメージ(イメージというか事実ですが)は、この問題に対処する際の武器に使えると思います(決してバサーをリンチにしろとかそういうことではないです)。

しかし、「なぜ放流がダメなのか」「何を守るための禁止措置なのか」これらをちゃんと答えられないまま批判するばかりでは、バス擁護派に論破されてしまいますし、知識や関心のない人からすれば、こちらがいじめっ子みたいに見えてしまいます。

バス問題について発信する際は、「違法だから」ということだけでなく、なぜ違法なのか、なぜ許されないのかも含めて紹介するようにお願い致します。

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました