名古屋港水族館に行ってきた!大きなシャチ・イルカから鮮やかな魚たちまで大集合!世界でここだけの超貴重展示も?

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

先日、まとまった休みができたこともあり、関西の水族館へ遠征に行ってきました!

今回は名古屋→三重→大阪という順番で回ってきたので、順番に生き物たちを紹介していこうと思います。

初日に向かったのはコチラ!

名古屋港水族館です!

名古屋港水族館と言えば日本でも有数のシャチを展示している水族館ですが、それ以外にも様々な生き物がいるので、いくつかピックアップして紹介していきます。

飛び上がるバンドウイルカ( Tursiops truncatus)

ベルーガ(Delphinapterus leucas)

手前にいる子は体が灰色に見えるのでまだ若い個体かもしれません。

名古屋港水族館は鯨類が主に展示されている北館と、その他魚類やウミガメなどが展示されている南館の二つに分かれているのですが、北館は生体展示だけでなく、鯨類の生態や骨格構造、進化の歴史などを学ぶことができる解説展示も豊富です。

シャチの骨格標本

 

シャチを含むイルカやクジラの仲間が人間と同じ哺乳類だとよく分かりますね。

巨大プールで大きなスクリーンを使った派手なイルカショーを行いながらも、こうした教育的な(というよりマニアック?)な解説展示が多いのは、個人的に名古屋港の魅力だと思っています。

そして、みんな鯨類に注目しがちですが、南館の展示もすごいです。

クロヘリメジロザメ(Carcharhinus brachyurus)

イワシの大群と共に泳ぐサメ、めちゃくちゃカッコいいです。この大水槽にいるクロヘリメジロはまだチビちゃんで、恐らく性成熟もしていないですが、イワシの群れを切り裂くようにブワっと現れる瞬間はたまりません。

よく見ると顔が可愛いので是非近くで見て欲しいです。

 

もちろん、名古屋港水族館には他にもサメやエイの仲間が暮らしています。

ノコギリザメ(Pristiophorus japonicus)

邪悪なエイリアンみたいな写真になってしまいましたが、エイの仲間、テングカスベ(Dipturus tengu)です。

トラザメ(Scyliorhinus torazame)

 

シノノメサカタザメ(Rhina ancylostoma)。サメと名がついていますがエイの仲間です。

ふがー!って感じの顔が好きです。

このシノノメサカタザメ、実は水槽内のコクテンフグを給餌された餌と一緒に飲み込んでしまい、その毒で死にかけたことがあります。「九死に一生」、「ドジすぎて前例がない」などと新聞でも紹介されましたが、今は元気に泳ぐ姿を見せてくれています。

名古屋港水族館の公式ブログに詳細が載っているのでコチラもぜひ↓

 

マダラエイ(Taeniura meyeni)。アカエイ科の中で特にカッコよくて好きなエイです。

 

さて、サメばかり紹介してきましたが、硬骨魚や他の生き物の展示も豊富なので、こちらも一部ですが紹介していきます。

ヒカリキンメダイ(Anomalops katoptron)。目に見えるのは目の下にある楕円形の発光器です。

 

オニカマス(Sphyraena barracuda)の幼魚。鋭い歯を持つ大型魚として有名ですが、幼魚時代はマングローブ林などでひっそりと暮らします。

タイマイ(Eretmochelys imbricata)。

名古屋港水族館にはタイマイ以外にもアカウミガメやアオウミガメが展示されていますが、展示エリアの近くに3種の見分け方や個体識別のやり方などが展示されていて、楽しみながら学ぶことができます。

サンゴ水槽の近くにホンソメワケベラとニセクロスジギンポの見分け方が展示されていたり、妙にマニアックな部分を隠しきれていない(隠す必要は一切ない)感じが好きです。

 

そして、名古屋港水族館には、絶対に見逃してはいけないレベルの超貴重な生物がいます!

 

それがコチラ!

ナンキョクオキアミです!!

「え、貴重なの?ただの釣り餌っぽい・・」と、思った人もいるかもしれません。そして、間違ってはいません。ナンキョクオキアミ自体は釣り餌として馴染みのある生物です。

では、何が貴重なのかというと、生きている状態でナンキョクオキアミを展示しているのは、2021年現在、世界で名古屋港水族館だけなんです!

ナンキョクオキアミ自体は膨大な数が生息しているとされ、先述の通り釣り餌などに利用されていますが、生きている姿を見るには、名古屋に行くか南極に行くかしかありません。しかも、名古屋港水族館は世界で初めて人工環境下における繁殖にも成功しています。

ここまで読んで「マニアックだな~」と白い目で見る人もいるかもしれません。実際ナンキョクオキアミは小さく、水槽が暗くて写真が撮りづらく、「ただのエビじゃん」くらいの感覚で済まされてしまうことが多い気がします(実はオキアミとエビは離れた分類の生物です)。

ただし、そういう人でも、ナンキョクオキアミの展示を通り過ぎた先にあるペンギンコーナーは楽しく観察してくれると思います。

ミサイルみたいに飛んでくるヒゲペンギン(Pygoscelis antarcticus)

プカプカ浮かぶ皇帝陛下、エンペラーペンギン(Aptenodytes forsteri)

名古屋港水族館以外でもペンギンは大人気ですが、野生で生きているペンギンたち、そしてそれ以外のアザラシやクジラなど、数多くの生き物が、ナンキョクオキアミを餌にしています。

何億トンという単位のナンキョクオキアミがこの地球にいるからこそ、僕たち人間がアイドル視している動物たちが生きているわけです。ナンキョクオキアミのような生物が、彼らを支えているわけですね。

「野生動物を保護しよう」と主張する時、僕たちは大きくて目立つ、アイコンになるような動物を選びがちです。僕がこのHPやYouTubeでよく紹介しているサメにも、そうした側面はあると思います。

しかし、こうした動物たちを支えているのは、「小さなプランクトン」、「小魚」、「雑魚」、「エサ」などの言葉でひとまとめにしてしまいがちな生き物たちです。彼らがいなくなれば、クジラもペンギンは生きていけないでしょう。南極以外の環境にも巡り巡って大きな変化がもたらされ、サメもマグロも減ってしまうかもしれません。

個々人でそれぞれの生物への思い入れは異なりますし、アイコニックな動物を入り口にして興味関心をもってもらうというPR方法を僕は否定しません(むしろ僕もそういうことをする時はあります)。

ですが、ナンキョクオキアミのような、水族館で素通りしがちな生物に、もう少し目を向けて思いを巡らせる人が増えたらいいなと、個人的には思っています。

 

 

 

今回は以上です!名古屋港水族館は展示が豊富すぎて、今回の記事では4分の1も紹介できていません。この記事で少しでも興味を持ったという方は、ぜひ訪れてみて下さい(案件ではありません)。

もちろん人にも寄ると思いますが、解説も含めれば充実度は高すぎるくらいなので、まる1日空けておくことをお勧めします。

 

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました