かわいいサメの代表?ネコザメは飼育できるのか?サザエを割るって本当?卵の形が変?意外と知らない生態を解説!!

未分類
標準和名ネコザメ

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

サメの解説をやっていて思うのが、やはり人を襲うような大きなサメや、実際に人が襲われた事件が人気だとことです。ブロガー兼YouTuberとしては収益が伸びて大変ありがたいのですが、今回はあえて、そういうイメージに反した、可愛いサメを取り上げていきます。

そのサメというのが、ネコザメです。

数多くの水族館で展示されていて、名前自体は多くの方が知っていると思いますが、どんなサメなのか、ネコザメの仲間が何種類いるか、意外に知らない人も多いと思います。

今回は、可愛いサメの代表ともいうべき、ネコザメの仲間を紹介していきますので、よろしくお願い致します!

 

ネコザメは本当にサメなの?

まずネコザメがどんなサメなのか紹介していきたいのですが、そもそもサメだという認識を持てていない人もいるかなと思います。

確かにネコザメは、世間でイメージされがちなサメとは色々と異なった部分があります。

大体一般にイメージされるサメは、

・流線型で吻先が尖っている

・背鰭も三角形

・歯が鋭い

・早く泳ぎ続けないと死んでしまう

みたいな感じだと思います。映画『ジョーズ』に登場するホホジロザメが、まさにそのイメージに合っていますね。

それに比べてネコザメは、頭が丸っこくて豚鼻、ヒレも丸みを帯びていて、歯も変な形で、水槽の方でベタっとしていることが多いです。2つある背鰭それぞれの前に棘も生えています。全然世間的なサメのイメージと違っていますね。

正面から見ると見事に豚鼻です。

ネコザメの背鰭には棘があります。

こんな見た目だと、サメであることを疑いたくなりますが、そもそも世間一般で「いかにもサメ」という姿のサメは少数派で、深海性のサメや、海底で大人しくしているサメたちを足した種数の方が遥かに多いです。

また、ここでは深掘りしませんが、サメの仲間に共通した特徴として、5つの鰓孔、折り畳めないヒレ、皮歯と呼ばれる歯のような鱗、いわゆる鮫肌で覆われている、尾鰭が垂直で異尾、つまり上下で違う形をしているなどがあります。

ホホジロザメやアオザメなどとフォルムがだいぶ異なるネコザメにも、これらは全て当てはまっています。ちゃんとしたサメの仲間です。

全てのサメ類に共通した特徴。ネコザメもこれらすべてを満たしています。

ちなみに、現生のネコザメに近い祖先が誕生したのは中世代と言われているので、進化の歴史で言えば、ネコザメはホホジロザメよりも古いタイプのサメと言えます。

 

世界のネコザメたち!

そんなネコザメ、実は一種だけではなく、複数の仲間がいます。

日本で一番有名なのは標準和名ネコザメで、褐色の体に焦げ茶色の帯模様が入ったお馴染みの体をしています。

標準和名ネコザメ

この子も可愛いのですが、日本にはもう一種、シマネコザメというネコザメもいます。名前の通り縞模様の入ったネコザメなんですが、この子もかなり愛らしく僕のお気に入りです。

シマネコザメ

この他にも、シンプルな斑点模様のカリフォルニアネコザメ 、キング・オブ・ポップみたいな名前のポートジャクソンネコザメ、オデコネコザメなど、現在9種類が世界で確認されています。

カリフォルニアネコザメ

ポートジャクソンネコザメ。ちなみに名前の由来は生息地の地名です。

オデコネコザメ

なお、ネコザメという名前の由来は、目の上の出っ張った部分が猫の耳っぽいことが理由らしいのですが、この部分が英語圏だと牛のツノに見えたらしく、向こうではBullhead sharkやHorn sharkという名前がついています。

僕は時々、生物の分類や見分け方がいかに難しいかを紹介していますが、ネコザメは一目一科一属です。つまり、ネコザメ目という大きなグループの中で○○科や○○属のような細かい仕分けがなく「ネコザメはネコザメ!」のようなくくり方が一応成立します。

また、ネコザメの仲間は、種数が少ない上、ほとんど模様だけで簡単に見分けることが可能です。サメの見分けの中ではだいぶ楽な方ですね。

もちろん、背鰭の位置や歯の形状などは種間で異なりますし、学術的な記録を残す場面では新種の可能性も考慮に入れて各部の測定、同定作業をすべきですが、一般のサメ好きが名前を覚えて楽しむ分には、模様だけで十分だと思います。

 

成魚は不細工?

ネコザメと言えば、可愛いサメの代名詞として一部から愛されるサメではあるんですが、大抵可愛いと言われているのは成熟する前の個体です。

生まれて間もないネコザメ類の赤ちゃんは、大体みんな15cmくらいです。顔つきがあどけなくて、体の模様も淡い感じになっており、赤ちゃん特有の愛らしさを感じます。また、体に対して背鰭の高さが高く、このアンバランスさもチャームポイントです。

産まれたてではないですが、まだ幼いネコザメの背鰭は体に対して高めです。

ただ、ネコザメの仲間は成長すると、どんどんゴツくなっていきます。

1m近くなると頭がやけにデカくて色が濃い、岩石のお化けみたいな見た目になります。これでも可愛いと思う人はいますし、僕もネコザメは好きなんですが、なかなか厳ついですよね。

ネコザメは数多くの水族館で展示されていて、あまり泳ぎ回らないので一般家庭で飼育することも可能ですが、それでも最大で1mは超えますし、幼魚の頃とはだいぶ見た目の印象が変わります。

飼育するという人は、ここまで覚悟した上で、設備を整えて飼い始めてください。

 

サザエを砕き割る歯

先ほど、ネコザメには一般にサメの歯としてイメージされがちな鋭い歯はないと言いましたが、ではどんな歯を持っているでしょうか。

こちらがネコザメの歯です。ネコザメの歯は非常に面白い形をしていて、口の先の方に尖った小さい歯、口の奥の方になると石畳みのような平らで大きい歯がそれぞれ並んでいます。

このような歯でネコザメは、貝類、甲殻類、ウニの仲間など、底生性で硬い殻を持つ頑丈そうな動物たちを食べています。人間目線で言えばそれなりの高級料理になりそうですね。

ネコザメはまず前側の小さな歯で獲物を捕まえて口の奥に運び、後ろの平たい歯で硬い殻を噛み砕いて中身を食べて、砕いた殻は鰓孔から捨てます。このような食生活をしているので、ネコザメは別名サザエワリと呼ばれます。

ちなみに、ネコザメの仲間は属名が全てHeterodontusですが、これは異なる歯という意味があります。異性愛者のことをヘテロセクシャル、同性愛者のことをホモセクシャルと呼びますが、あのヘテロに歯を意味するドンという言葉がくっついています。前側と奥側で異なる形状の歯を持っているネコザメならではの、面白い学名ですね。

ドリル型の卵

ネコザメに特徴的なものといえば、卵の形です。

サメたちは6割ほどは胎生、つまり母胎内でサメの形になるまで成長してから生まれてきますが、ネコザメは卵生、つまり卵の殻に包まれた状態で小さな赤ちゃんが外の世界に産み落とされます。

卵生のサメでも卵の大きさや形は様々ですが、ネコザメは一際面白い形をしています。

初めてこれを見て、卵だと思う人はまずいないと思いますが、これがネコザメの卵です。ドリル状のメカブみたいなすごい見た目をしています。

ちなみに、鶏の卵の殻は炭酸カルシウムが主成分であるのに対し、サメの卵はケラチン、つまり僕たちの爪や髪と同じ成分でできています。そのため弾力性があり、プラスチックのような感触があります。

ネコザメの卵はよく「変な形」とか「産む時痛そう」って言われるのですが、この形にはちゃんと意味があります。

ネコザメは卵を産むと、この卵を岩の隙間に押し込みます。産まれたての卵は柔らかいですが、時間が経つと硬くなり、岩に挟まった卵は、ドリル部分が”かえし”の役割を果たして、卵が簡単に抜けないようになります。こうして安定した状態が保たれた卵殻の中で、ネコザメの赤ちゃんは約1年ほどの時間をかけて成魚のミニチュア版まで成長し、やがて自力で殻から出てきます。

ちなみに、ここから出てきます。

なお、この写真は日本にいる標準和名ネコザメのものですが、卵殻の形状は種によって異なります。共通してネジれたような形状ではありますが ヒモが出ていたり色々な形があるので、ネコザメマスターを目指すのであれば、卵殻の形状までセットで覚えておくとよいでしょう。

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました