世界最小のサメは手の平サイズ?ツラナガコビトザメを解説!【深海ザメ】【深海生物】

未分類

どうも!おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

多くの人が「サメ」と聞いた場合、ホホジロザメやジンベエザメのように、”デカい生き物”というイメージをもつと思います。

では、逆に、世界最小のサメはどんなサメか、ご存知でしょうか?

たまたま僕の家に世界最小のサメの標本があったので、今回お見せします。

こちらが世界最小のサメ、名前をツラナガコビトザメ(Squaliolus aliaeと言います。一応言っておきますが、めっちゃでっかい1円玉を用意したわけではないです笑

 

ということで今回は、世界最小のサメというテーマで解説をしていきます。よろしくお願いいたします!

ツラナガコビトザメはどんなサメ?

世界最小とされるツラナガコビトザメはどんなサメなのか?まずは基本的なところを見ていきましょう。

ツラナガコビトザメは、ツノザメ目ヨロイザメ科に分類されるサメです。

ツノザメ目の仲間は、アブラツノザメ、オンデンザメなど深海や冷たい海を主な生息する仲間が多いですが、このツラナガコビトザメも水深2000mまでの深海で暮らしています。夜になると表層にも現れるそうですが、まず一般人が出会う機会はないです。

そんなツラナガコビトザメですが、その大きさもあって、そもそもサメなのか疑問な人もいると思います。サメを象徴する第一背びれも小さく薄っぺらいので、これが水面から出ていても全然ジョーズ感がないです。

ツラナガコビトザメの背鰭は非常に薄く小さいです。

しかし、そんなツラナガコビトザメも、ちゃんとしたサメの仲間です。

サメである証として、体の側面にエラ穴が5対以上ある、楯鱗と呼ばれる歯のような鱗に覆われているなどの特徴があります。

ツラナガコビトザメは小さいうえに真っ黒なので非常に判りづらいですが、ちゃんと5対のエラ穴を持っています。そして、触ると確かにサメ特有のザラザラ感があり、楯鱗でおおわれているのが分かります。

また、硬骨魚、いわゆる普通の魚と呼ばれるタイなどの違いとして、サメは尾ビレが異尾、つまり上下で形が異なり、尾ビレ上葉にしか骨が通っていないというものがあります。

ツラナガコビトザメはヒレが薄っぺらく、サメとしてはだいぶ頼りない印象ですが、尾びれが異尾で上側にだけ骨が通っているのが見えます。ちゃんとしたサメの仲間です。

ツラナガコビトザメの尾鰭。よく見ると上側にだけ骨が通っているのが分かります。

世界最小のサメはどれくらい?

さきほどの写真を見て「サメ=ジョーズ」というイメージの人は衝撃を受けたと思いますが、実際彼らはどれくらいのサイズなのか?

もしかすると、「赤ちゃんだから小さいのでは?」と思った人もいるかもしれないので、一応そこも触れておきます。

もちろん大きいとされるサメも赤ちゃんの頃は小さいですが、多くのサメは子供のサイズと成熟サイズが比例しています。つまり、デカいサメは赤ちゃんも基本デカいです。

例えば、ジョーズで有名なホホジロザメは最大で6m前後になるとされていますが、ママのお腹から生まれてくる赤ちゃんは1m以上あります。親とほぼ同じ姿、電柱みたいな太さで、歯も生えそろっている、生後0歳のハンターとして生まれてくるんです。

では、ツラナガコビトザメはどうなのか?

諸説ありますが、彼らは10cm以下のサイズで生まれてきて、全長15㎝で成熟し、最大でも22㎝程度とされています。

僕の家にあるのは全長10㎝程なので、恐らく成熟はしていないですが、特別小さいというわけでもないです。大きくなっても500mmペットボトル程度のサイズです。

逆に言えば、20㎝程度の大きさしかないサメが10㎝の赤ちゃんを産むということになります。

人間からしたら「小さいのが小さいのを生んだ」という感じですが、親との比率で言えばかなりデカい赤ちゃんを産んでいるので、なかなかに親の負担は大きい気がします。

紛らわしいそっくりさん

ここで少し上級者向けの話をしますが、じつはこのツラナガコビトザメにそっくりなオオメコビトザメ(Squaliolus laticaudusというサメがいます。

どのくらいそっくりかと言えば、回の記事で載せている写真、正直ツラナガコビトザメなのかオオメコビトザメなのか分からないくらいそっくりです。

画面越しで見分けられる人はいないと思いますが、もしオオメコビトザメだったら、その時は一週間ラーメン禁止を自分に課すことで謝罪とさせていただきます・・・。

ではどうやって見分けるのか?

オオメコビトザメというだけあって目が大きいのですが、肉眼で分かるほどの差はないです。深海に棲んでいるだけあって、ツラナガコビトザメも体に対する目の大きさは結構大きいです。

学術的な同定方法としては、以下の通りになります。

・まず眼球の幅と、眼球同士の距離を測ります。

・次に、眼球の幅をX、眼球同士の距離をYとして、X/Y×100を計算し、出てきた数字をZとします。

・Z≦40~70であればツラナガコビトザメ、Z≦73~80であればオオメコビトザメになります。

読んでみてお分かりいただけたと思いますが、肉眼だけで見分けるのは無理です。見分けられる人がいたら人間ではないです。

この見分け方は専門の道に進む人かサメ変態以外は憶える必要ないですが、そうではない人も、

・生物の見分けは世間で思われているより難しいこと

・しかしそれは具体的な数字などの根拠を持って行うこと

この二つは覚えておいてください。

 

世界最小をどう決める?

ツラナガコビトザメを世界最小という風に紹介しましたが、実はほかにも世界最小かもしれないサメは存在します。

例えば、ペリーカラスザメ、オタマトラザメ、オナガドチザメなどです。もちろん先ほど挙げたそっくりさんのオオメコビトザメもこの中に入ります。

正直に言うと、これらのサメがツラナガコビトザメよりも小さい可能性がありますが、ここでそれを詳細に検証するのはあまり意味がないかもしれません。

なぜなら、実際のところは誰にも分からないからです。

例えば図鑑に載っている「最大全長」という項目は、全世界に存在する全てのサメを一匹一匹調べたわけではなく、記録された中でもっとも大きな個体のデータが書いてあるだけです。

人間に知られていないだけでもっと大きなサメはいるかもしれないし、逆にその子が突然変異や餌付けなどの人的要因で巨大化した特殊な個体だったかもしれません。ひどいときは、その記録自体が学術的に信用できない場合もあります(巨大生物の大きさは盛られがちです)。

そもそもサメを詳細に計測する場合、だいたいそのサメは死んでしまっていますから、「その子が生きていれば結局何mになったか?」というのは誰にも分かりません。

もちろん、サンプル数が沢山あれば、「絶対は分からないけど平均がこれくらいで、最大はこれくらいだろう」という精度の高い推測をすることが出来ます。

しかし、ツラナガコビトザメをはじめとする深海性のサメは、学術的に記録されたサンプル数が少なく、飼育も非常に難しいです。現状分かっているデータからこれくらいが最大ということはできても、今後の研究で大きく変わるかもしれません。

ですので、これをあなたが読んでいる時点で、世界最小のサメの称号はツラナガコビトザメから剥奪されているかもしれません。しかし、多くのサメ図鑑で言及されている世界最小のサメはツラナガコビトザメと書かれており、「ジンベエザメからツラナガコビトザメ」という言葉は、サメの多様性を表す慣用句みたいになっています。

そうしたことを考えると「世界最小はツラナガコビトザメ」という風に紹介しても差し支えないのかな、と思っています。

小さきサメは光を放つ

ツラナガコビトザメは大きさばかりが注目されがちですが、さらに面白い特徴があります。それは、光るサメだということです。

肉眼では確認できないですが、彼らは腹部に発光器を持っています。

ツラナガコビトザメ以外でも発光器を持つ魚やサメはいるのですが、腹部にある場合、捕食者から身を隠すためだとされています。

彼らが生息する深海は、人間にとっては完全な暗黒ですが、実は推進1000mくらいまでは光がわずかに届いています。そのため、捕食者の上を小さな魚が泳ぐ場合、自分の体が影になって見つかってしまう危険があります。

そこで彼らは、お腹からわずかに光を放つことで自分の影を消し、捕食者に見つからないようにするんです。

これが一般的に言われている説ではありますが、サメの発光についてはまだまだ分からないことが多いです。種によって発光器の位置も違っていて、繁殖のためのコミュニケーションや、背びれの棘を見せつける警告、一瞬光ってその残像で目くらましに使うなど、色々な使い道が考えられます。

ツラナガコビトザメをはじめ、生きた深海性ザメを観察する機会はなかなかないかもしれませんが、もしそのチャンスがあれば、ぜひ部屋を真っ暗にしてみてください。

もしかした、美しく光る姿を見られるかもしれません。

 

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました