アオザメはどんなサメ?実は『ジョーズ』にも登場していた?世界最速とされるサメを徹底解説!

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

今回は、サメ界のスピードスターとでも言うべき、イケメンなサメ、アオザメを紹介します!

サメ好きであれば名前は知っていると思いますが、実はそうではない方も、知らずに彼らの姿を目にしていたりします。

果たしてアオザメとはどんなサメなのか?なるべくわかりやすく紹介していきますので、よろしくお願いします!

アオザメはどんなサメ?

アオザメは、ネズミザメ目ネズミザメ科アオザメ属に分類されるサメです。大きさは全長約2~3m、大きいものでは4mを超えるとされています。

特徴を一言でまとめると、とにかくカッコいいサメです。

・とがった顔つき

・三角形の背びれ

・流線形かつ筋肉質な体つき

・口から見える鋭くとがった歯

まさにカッコいいサメの典型的な姿がそこにあります。

そして、名前の通り青いボディは生きている時にメタリックな光沢を放っていて、非常に美しいです。死後はこの色が黒ずんでしまいますが、それでもカッコよさと美しさがありますね。

死後も美しい青色の名残は残っている。

今紹介したような特徴から、サメ好きの中にはアオザメのファンも多く、「サメ界のイケメン」なんて呼ばれることもあります。

生息域は沖合や外洋域で、世界中の熱帯、温帯海域に分布し、水温が10℃程度の冷たい海にも現れます。日本でも青森県より南の海で確認されています。

見た目の通り広い海を常に泳ぎ続けるサメで、水深800m以深の深みに潜ることもあれば、時に4000㎞もの長距離回遊をすることもあります。また、あとで詳しく紹介しますが「世界最速のサメ」としてもよく名前が上がります。

それに関連して取り上げたいのが、アオザメの尾鰭です。多くのサメは上側が長く、下側が短いという尾鰭なのですが、アオザメは下側も長い三日月形、しかも尾柄部に強くキール、つまり隆起した部分があります。

アオザメの尾鰭。

大海原を素早く泳ぐことに特化した、イカしたフォルムですね。

紛らわしい英名

アオザメは美しい青色のサメという話をしましたが、アオザメの英名はブルーシャークではありません。

ブルーシャークという名前は、ヨシキリザメという別のサメを指します。こちらも生きている時の青色が非常に美しく、クリクリお目目がチャーミングなサメなんですが、メジロザメ目の仲間であり、アオザメとは分類学上は少し遠いサメです。

美しい青色をしたヨシキリザメ

アオザメの英名はMako sharkと呼びます。聞きなれない単語ですが、マオリ語で「サメ」を意味する単語から来ているそうです。

ちなみに、アオザメ属にはもう一種、バケアオザメというサメがいて、英語では、アオザメをShort-fin mako shark、バケアオザメをLong-fin mako sharkと呼びます。

バケアオザメはアオザメに非常に似ていますが、英名の通りアオザメよりも胸鰭が長いのが特徴です。

ホホジロザメに似てる?

アオザメはよく「ホホジロザメに似ている」と言われ、実際に彼らにはいくつか共通点があります。

例えば、尖った顔つき、流線形で筋肉質な体、尾鰭が三日月形である、などです。また、彼らは同じネズミザメ目ネズミザメ科に分類されています。

では、アオザメとホホジロザメはどう見分けるのか?慣れている人は顔つきでパッとと見分けちゃうと思いますが、一番明確な違いは歯です。

アオザメの歯は細長いものが多く、表面が滑らかです。一方、ホホジロザメの歯は幅広い三角形で、縁の部分がノコギリのようにギザギザしています。

アオザメの歯

ホホジロザメの歯

『ジョーズ』にアオザメも登場していた?

近い仲間のホホジロザメに比べるとアオザメはマイナーなサメかも知れませんが、実は知らない間に多くの人に見られている、ある意味なじみ深いサメだったりします。

ホホジロザメと言えば『ジョーズ』にも登場する有名なサメですが、実はこのジョーズに、アオザメも深く関係があるんです。

サメ好きでなくても人生で一度は見た事があるであろうこのイラスト。水面を美女が泳いでいて、その下から巨大なサメが迫ってくる構図なんですが、このサメをよく見てください。

ジョーズで人を襲うサメはホホジロザメとされていますが、ポスターのサメの歯は細長く、ホホジロザメのような鋸歯状の三角形ではないです。ついでに言えば、顔つきもシャープすぎる気がします。

実はこのサメ、モデルはアオザメだとされています。

このポスターはロジャー・カステルというアーティストの方が作成しました。彼は博物館を訪れたときに、このポスターのような構図で撮られたアオザメの写真を見て、それをもとに絵を描いたそうです。なので、本編にアオザメは一回も出てこないのですが、映画『ジョーズ』の看板役はアオザメが務めていたということになります。

近年公開されるサメ映画の8割以上がパッケージ詐欺で、「本編見たらこんなサメ出てこねーじゃん」というのは”サメ映画あるある”なんですが、原点にして頂点の『ジョーズ』から、その流れはあったと言えるかもしれません。

アオザメ出演作品

ジョーズのポスターが実はアオザメという話をしましたが、その他にもアオザメは様々なフィクション作品に登場しています。

代表的なもので言えば、『老人と海』。ヘミングウェイの名作ですが、この本の中にアオザメが登場します。

さらに、『ジョーズ』と並ぶS級サメ映画として有名な『ディープ・ブルー』に登場するサメも、アオザメという設定です。『ディープ・ブルー』に登場するサメは、アオザメにしては目が小さくて、人相ならぬサメ相が悪い気がしますが、確かにフォルムはアオザメによく似ていて、歯もそれっぽい仕上がりでした。

他にも、『パーフェクトストーム』という映画に少しだけ登場します。さらに、『MEGザ・モンスター』、『シャークネード』シリーズ、『シーワールドZ』等の映画でチラッとと映っていたり、意外といろいろな作品に出演しています。

そもそも数えたことはないですが、映画に登場した回数は、サメの中で割と上位かも知れません。

アオザメは人を襲うのか?

『ディープ・ブルー』では次々と人を襲っていたアオザメですが、実際にはマグロやカツオの仲間、イカ類、他のサメなどを主に食べています。

アオザメの歯は獲物を突き刺して捕まえるのに適した細長い形状で、ホホジロザメの歯のようにギザギザしていません。歯の形状から判断するに、サメの中では大型ですが人間ほど大きな獲物を食いちぎるよりは、一口二口で食べられる獲物を好むサメに思えます。

ただし、アオザメが生息する外洋ではいつエサに出会えるか分からないので、エサを選り好みしているというよりは、その海域で手に入りやすい生物を捕食しているだけ、という可能性はあります。実際、アオザメの胃の内容物は海域によって異なり、海生哺乳類やウミガメを襲った事例もあるらしいです。

そもそも人が泳ぐような場所にあまり現れないので、アオザメに襲われることはまずないと思いますが、例えば船が転覆して海に投げ出された場合、あなたがアオザメのメニューに載ることはあるかもしれません。

世界一速いサメ?

アオザメは「世界一速いサメ」と称されることが多いです。

アオザメの見た目自体がシャープな魚雷みたいでいかにも速そうですが、さらに彼らは奇網と呼ばれる血管構造を持っています。

エラで呼吸する多くの魚たちは、水中から酸素を取り込む際に、外水温で血液が冷やされます。その冷やされた血液が内蔵の方に向かう為、彼らの体温は下がり、水温に近くなります。人間であれば体温はだいたい35~36℃程度に保っていますが、ほとんどの魚はそれが出来ません。こうした動物はよく「変温動物」と呼ばれます。

しかし、アオザメを含むごく一部の魚類は、エラから体内に向かう冷たい血液、内臓で温まった血液、それぞれが流れる血管がくっついています。これにより、体内に向かう血液は温められ、さらに、エラに向かう血液が冷やされることで水温との温度差が減り、海水と接する血管でも熱を奪われにくくなります。

こうした仕組みにより、アオザメは周囲の海水温より、体温を1~10℃高く保つことができます。体温が高いということはその分筋肉の活動も活発になる為、アオザメは他の魚やサメ類よりも速く泳ぐことが出来ます。

しかし、実際に時速何キロで泳ぐか?という点については注意する必要があります。

例えば、一部のネット記事ではアオザメの泳ぐスピードは時速50km、さらに時速96キロと紹介されることもあります。しかし、これらは古い文献に基づいたもので、最近は否定されています。

近年のバイオロギングを使った研究によれば、アオザメと同じく奇網を持つホホジロザメやマグロの平均遊泳速度は時速7~8㎞、早いイメージのあるカジキの仲間も、時速2㎞ほどとされています。

チーターや猛禽類に比べれば遅いと感じるかもしれませんが、水は空気の800倍の密度があるため、抵抗も大きくなります(プールに浸かった状態で走ってみてください)。こうした物理的な事情も考えると、水中で時速100㎞という速度で泳ぐことはエネルギー効率が悪く、現実的ではありません。

アオザメについての詳しいデータは見つかりませんでしたが、ホホジロザメと同じく奇網を持つ大型種であること、マグロなど高速遊泳する生物を捕食していることを考慮すると、平均遊泳速度は時速2~7㎞ほどだと思われます。

ただし、獲物を追いかける時のスピードは、当然平均速度よりは速くなります。

アオザメはゲームフィッシングで釣りの対象になることもあるのですが、針にかかったアオザメが派手に水中から飛び出すことがあります。このジャンプは6m以上高くなることもあり、その点から考えると、飛び出す前の遊泳速度は約時速35㎞以上に達するとされています。

そのため、獲物を襲う、あるいは自分が襲われるなどの緊急時には、それくらいのスピードを出しているのかもしれません。

果たして実際は時速何キロか、本当に世界最速なのか、色々と疑問は出てきますが、アオザメがめちゃくちゃ速くてカッコいいサメというのは間違いないです。

アオザメは絶滅危惧種?

アオザメがゲームフィッシングで人気だという話をしましたが、実はアオザメは現在、絶滅危惧種とされています。

アオザメはマグロなどと一緒に延縄や刺し網で混獲されることがあります。また、混獲に比べれば数は少ないようですが、フカヒレや肉を目的に狙って漁獲する漁もあります。

生き物を捕まえて利用すること自体は当たり前のことなのでそれ自体を責めるつもりつもりはありませんが、捕りすぎれば個体数の減少、そして絶滅を招きます。

あらゆる動植物がどれくらい絶滅の危機に瀕しているかを評価しているIUCNレッドリストというものがあります。このレッドリストによれば、南太平洋では例外的に増加がみられるそうですが、世界的には減少傾向にあり、海域によっては約70年間で80%ほど減少してしまっているという分析もあります。

もちろん、幅広い海を泳ぎ回るアオザメの生態については分からないことも多く、今紹介した数値が完璧だとは僕も思いません。

しかし、アオザメに限らず、サメ類は成熟するまで時間がかかり、他の魚類に比べて子供を産む数も少ないです。その分大きな子供を産むので子供の生き残る率は高いと思いますが、乱獲してしまえば、回復不可能なレベルまで個体数が激減する危険があります。

ちなみにアオザメは卵食を行う胎生のサメで、一度に4~25尾の赤ちゃんを産むとされています。

こうした事情から、IUCNは近年、アオザメの評価をVUから、より深刻な危機に瀕していることを示すENに変更しました。

IUCN Red listにおけるアオザメの評価と詳細はコチラ↓

さらに、野生生物の国際取引を規制するワシントン条約でも、アオザメとバケアオザメは附属書Ⅱ、商業取引は禁止にしないが許可が必要というリストに加えられました(ワシントン条約の解説はコチラ)。また、一部地域では、アオザメを含む一部のサメ類の漁獲自体が禁止されています。

アオザメは確かに肉も美味しく標本もカッコいいサメですが、だからこそ、いなくなって欲しくはないです。

「昔こんなカッコいいサメがいた」そんなことを将来言わなくて済むように、個々人できることをしていければいいなと思います。

 

参考文献

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました