マオナガ (Alopias vulpinus)

基本情報

和名:マオナガ
学名:Alopias vulpinus
英名:Common thresher / Thresher shark
分類:ネズミザメ目オナガザメ科オナガザメ属
CITES:附属書Ⅱ
生殖方法:母体依存型胎生・食卵タイプ
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):太平洋、大西洋、インド洋、地中海の温暖な海域、日本では北海道以南に分布
見れる場所(飼育):なし

 

特徴

一度見たら忘れない長すぎる尾鰭をしたオナガザメ3種の中でも最大種なのがこのマオナガです。大きさは3~4mで大きいものでは6m近くになるとされていますが、その大きな全長の約半分はムチのようにやや弧を描く立派な尾鰭が占めています。尾鰭の付け根は太く筋肉がしっかりついていて、上側に凹みがあるのが特徴です。

オナガザメ3種の見分け、特にニタリとマオナガは難しいですが、お腹側の白い模様が胸鰭側に入り込むこと、尾鰭の欠刻(切れ込み)より先の部分が臀鰭よりも大きい、歯の形状が異なる(マオナガの歯の方がやや広い)などの特徴で見分けることができます。ハチワレは目の上の大きな溝があり第一背鰭がはっきりと腹鰭側によっているので、マオナガともニタリとも見分けやすいです。ちなみに色での見分け方もあるそうですが、鮮度によって色は変わってしまうのであまりお勧めはしません。

なお、図鑑によりマオナガの目が小さいと記述されていることがありますが、恐らく「ハチワレやニタリと比べて」という意味だと思われます。後述する通り狙って獲物をはたきおとすような狩りをするため、他のサメに比べて目が大きく、視覚に大きく頼った生き方をしているはずです。

マオナガの尾鰭欠刻より先の部分と尻鰭サイズの比較。

 

マオナガの上顎歯

マオナガの下顎歯

 

生態・行動など

マオナガはほとんど世界中の温暖な海に生息していると思われますが、陸地から離れた沖合の表層域で主に暮らし季節によって回遊します。ホホジロザメやネズミザメなどと同じように奇網という熱交換システムを保持しているためか比較的寒い海域にも現れます。ただし、ネズミザメなどと比べると奇網による体温の増加はそこまで高くないようです。

マオナガを含むオナガザメ3種は長い尾鰭を使って魚の群れを囲んだり、尾鰭を勢いよく振り上げて獲物を気絶または絶命させて食べるという面白い狩りを行います。獲物に突進する際に、その群れに突っ込んでいくんですが、頭と胸鰭を思いっきりさげてブレーキをかけ、その勢いで長い尾鰭をムチのように振り上げて獲物を攻撃するのです。

こうした狩りの方法と比較的小さな口から分かるように、マオナガはホホジロザメのように大きな動物を襲うのではなくサバ、ニシン、カタクチイワシなど一口で食べられるような魚などを獲物にしています。

生殖タイプは他のネズミザメ目同様に母胎依存型の食卵タイプで、子宮内で他の卵を食べて胎仔が成長します。産まれる時のサイズは100~160cmほどのサイズですが、50~60cm程度の段階でほとんど親と同じ姿に成長します。

人間との関り

マオナガは延縄で混獲されたりゲームフィッシングの対象になることがあります。尾鰭で狩りをするマオナガは延縄で漁獲されるときも尾鰭が針に刺さっていることが多いそうです。

水族館で飼育された実績はほとんどなく、外洋性であることもあり飼育は困難でしょう。そもそも生きたまま輸送すること自体が難しいと思われます。

チャームポイント

オナガザメ全種に共通して言えることですが、長い尾鰭がやはりカッコいいですね。目が小さい分可愛さはニタリやハチワレの方が上ですが、厳つめの顔が好きであればマオナガの方がおススメです。

その他紹介

英語ではかつてFox sharkと呼ばれていたこともあるようですが、基本的にはThresherで通じると思います。

サイト内関連記事

オナガザメとは何者なのか? 全長の半分ほどにも達する長い尾鰭の秘密を簡単解説!

参考文献

Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p241~247
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p31
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p82~86

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

ギャラリー

ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました