ヨロイザメ (Dalatias licha)

基本情報

和名:ヨロイザメ
学名:Dalatias licha
英名:Kitefin shark
分類: ツノザメ目ヨロイザメ科ヨロイザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):西部大西洋、インド洋、大西洋の大陸棚、日本では南日本太平洋側
見れる場所(飼育):なし

特徴

鋭いサメ肌に覆われた真っ黒い体がその由来なのか、通称ゴジラザメと呼ばれる深海ザメです。最大で1.8mほどになる体は円筒型で吻先は丸く、どこか魚雷を思させます。大きな目はクリクリして可愛らしく、間の抜けたアザラシのような顔をしていますが、かなり鋭い歯をしていて、特に下顎歯は大きく鋸歯状になっています。多くが第一・第二背鰭に棘をもつツノザメ目の仲間ですが、ヨロイザメは棘を持ちません。この歯の形状と棘がない背鰭で、ヨロイザメをほとんどのツノザメから見分けることができます。

ヨロイザメの歯。上顎歯は細い刺すための歯で、下顎歯はギザギザして切れ味抜群です。

 

子供のヨロイザメ。背鰭に棘がないのが分かります。

生態・行動など

ヨロイザメは水深300~1000m以上の深海、大陸棚や大陸斜面に生息しています。世界の幅広い地域に住んでいますが、所々に点在するように住んでいて、恐らく各生息場所での交配などは起きていないと思われます。

大人しそうな顔に対し歯が鋭いことは紹介しましたが、その歯で魚はもちろん、他のサメを切り裂いて食べてしまうハンターです。

生殖方法は卵黄依存型の胎生で、まだ分からないことが多いですが、36~46cmほどの大きさの子供を10~16尾ほど産むと思われます。

人間との関り

ヨロイザメは肝臓が体重の約20%を占めるほど肝臓が大きく、スクワレンと呼ばれるサメ肝油が豊富にとれます。そのため、ポルトガル領アゾレス諸島では乱獲され個体数が減少してしまいました。日本では深海魚漁で混獲され、ゴジラザメの愛称で深海マニアには人気なサメではないでしょうか。また、ヨロイザメの楯鱗はかなりとがっていて硬さもあるためか、コロザメなどと同じようにワサビおろしなどに用いられることもあります。ヨロイザメの皮膚を標本にしようと頑張っていたら僕の皮膚の方が大変なことになりました(笑)。

ヨロイザメの皮を切り取ろうと悪戦苦闘した結果・・・。

チャームポイント

顔と歯のギャップ萌えですね。こんだけ可愛らしい間が抜けたような顔しておきながら歯は完全に切り裂きにかかってますからね。カグラザメやエドアブラザメと並び、ヨロイザメもここが魅力的なところだと思います。

その他紹介

参考文献

Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p143
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p105
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p25
矢野和成 『サメ 軟骨魚類の不思議な生態』1998年 p56, 57

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

ギャラリー

ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました