キクザメ (Echinorhinus brucus)

基本情報

和名:キクザメ
学名:Echinorhinus brucus
英名:Bramble shark
分類:キクザメ目キクザメ科キクザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):東太平洋を除く熱帯・温帯の深海に生息しているとされるが記録が少ない
見れる場所(飼育):なし

特徴

キクザメはコギクザメと共につい最近ツノザメ目から別の目に分けられました。臀鰭(しりびれ)がないことはツノザメ目と共通していますが、第一・第二背鰭が体のかなり後方にあり、第一背鰭が腹鰭のほぼ真上に来ることが特徴です。これらの特徴はキクザメもコギクザメも共通ですが、キクザメは棘のような楯鱗がかなり大きく、サメの中では珍しくまばらに生えています。ちなみに楯鱗の直径は1.5cmほどもあります。

キクザメという名前はこの大きな楯鱗が由来です。キクザメの楯鱗を真上から見ると菊の紋のように見えるのです。なお、英名のBramble shark(イバラザメ)もこの尖った大きい楯鱗から名付けられました。

後から述べるように記録も少なく生態もほとんど謎に包まれていますが、最大の大きさは2.8~3mほどだとされています。

生態・行動など

キクザメは時々浅い場所にもやってきますが、基本的には水深400~900mほどの深海に住むサメです。日本、オーストラリア南部、ヨーロッパ、南アフリカなどで記録がありますが、捕獲された例が少ない世界的に見ても珍しいサメです。

記録も少ないため生態もほとんど分かっていません。生殖方法は卵黄依存型の胎生で、40〜50cmの子供を15〜24尾ほど産むと思われます。

 

人間との関り

商業的に利用されることもほとんどなく、水族館で展示されることもほぼないです。標本ですら見る機会が少ないサメです。

 

チャームポイント

独特の鱗で覆われたその姿がなんとなくウルトラマンシリーズに登場する怪獣のようの思えます。あまり注目されていませんが、ラブカやミツクリザメよりも全然レア魚です。

 

その他紹介

キクザメの仲間を引き続きツノザメ目とする見方もあります。このサイトの分類は基本的に仲谷一宏先生の『サメ ー海の王者たちー 改訂版』に従っています。

サイト内関連記事

 

参考文献

Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p70~71
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p44~46

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

ギャラリー

ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました