ノコギリザメ (Pristiophorus japonicus)

 

基本情報

和名:ノコギリザメ
学名:Pristiophorus japonicus
英名:Japanese sawshark
分類:ノコギリザメ目ノコギリザメ科ノコギリザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★☆☆(水族館で飼育可 )
見れる場所(野生):北海道から南の太平洋、日本海、南シナ海、東シナ海
見れる場所(飼育):葛西臨海水族園、アクアワールド大洗水族館、美ら海水族館など多数

 

特徴

頭がハンマー型のシュモクザメと並び、ヘンテコな形の頭で 有名なのが、このノコギリザメです。ノコギリザメ目は8種ほど仲間がいますが、本種ノコギリザメは日本近海で見ることができます。

ノコギリザメは目立つ吻を持っていますが、ノコギリ状の吻先を含めた全長は最大でも1.5mほどです。吻に並んでいる棘は、サメ肌と俗に言われる楯鱗が発達したもので、ノコギリザメの場合はギザギザしておらず滑らかです。棘そのものは不揃いに並んでおり、吻の下、やや口寄りのところに長いヒゲが生えています。このヒゲは餌の動きや水流を感じ取る感覚器官として機能しています。

なお、ノコギリザメによく似た魚としてノコギリエイがいます。どちらもやや平たく、底の方で大人しくしており、目立つ大きなノコギリ状の吻を持っていますが、両者には大きな違いがあります。まずサメとエイの基本的な違いとしてエラの位置が異なります。サメは側面、エイは腹の下ですね。次に、ノコギリザメの吻にある棘は不規則な長さで並び、吻の下にはヒゲがありますが、ノコギリエイの仲間の吻は規則的に並び、ヒゲがありません。さらに言えば、ある意味一番わかりやすいのですが、ノコギリザメと比べてノコギリエイの方が体がかなりおおきいです。種によって異なりますが、全長3〜5mほどもあります。

ノコギリザメの吻先です。

アクアパーク品川のノコギリエイたちです。吻の形、ひげの有無、体の幅、全長の大きさなどべ区別できます。また、腹面を見れば鰓の位置でも見分けられます。

生態・行動など

ノコギリザメは水深200mまでの浅い海から水深1000近い深さの大陸棚や大陸斜面に生息しています。

特徴的なノコギリは獲物を切り裂くためのものではなく、砂に隠れた獲物をかきだしたり、獲物を引っ掛けたりして食べるためのものです。口の中には尖った歯が何列にも並んでいます。

ノコギリザメの口の中です。

生殖方法は胎生で、10尾ほどの子供を産みます。

母ザメの体内から取り出されたノコギリザメの子供。こんな初期段階からノコギリがついています。

人間との関り

ノコギリザメは漁で混獲されることがあり、主要な魚種ではないですが、食用として用いられることがあります。また、水族館では深海魚コーナーでよく展示されています。

チャームポイント

ノコギリザメの魅力といえば目立つノコギリ状の吻ですが、個人的に推したいのは目ですね。意外と大きい目をしていて可愛い表情が見れます。また。普段底の方で大人しくしているためか、泳ぐ姿が体全体を振るようでぎこちなく、そこもまた可愛いポイントです。

その他紹介

アクアパーク品川のトンネル水槽にいるのは、2018年4月現在、全てエイです。ノコギリザメとみんなが誤解するのは、全てノコギリエイです。

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』で登場するデイヴィ・ジョーンズの部下がノコギリのような武器を持っているシーンがありますが、大きさと規則正しく棘が並んでいる様子から、ノコギリザメではなく、ノコギリエイのものと思われます。

サイト内関連記事

参考文献

田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p113
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p13, p28

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

ギャラリー

ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました