ツマリツノザメ (Squalus megalops)

和名:ツマリツノザメ
学名:Squalus megalops
英名:Shortnose dogfish
分類:ツノザメ目ツノザメ科ツノザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:胎生
飼育難易度:★★★★☆☆☆(水族館などで飼育可)
見れる場所(野生):東大西洋、東シナ海~朝鮮半島、中国、南シナ海、日本だと青森県~琉球列島などに生息
見れる場所(飼育):沖縄美ら海水族館など

【特徴】
全長40cm程度の非常に可愛らしいサイズのツノザメです。灰色に近い薄い茶色というなんとも表現しがたい体色をした細長い体で、体表面には白斑点はありません。二基の背鰭の端などヒレ先が少し黒く縁どられている、第一背鰭についている棘が小さくて細い、胸鰭の内角が尖るなどの特徴があります。

【生態・行動など】
水深732mより浅い大陸棚などに生息しています。日本だと沖縄周辺や南日本の水深300m近くに見られ、大きな群れを作ることがあるようです。

生殖方法は胎生で、1~6尾の赤ちゃんを産みます。

【人間との関り】
よく漁獲されることがあるサメのようです。

【チャームポイント】

【その他紹介】

【サイト内関連記事】

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p76
沖縄美ら海水族館 『美ら海生き物図鑑 ツマリツノザメ』2020年11月8日アクセス

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました